孝道山こうどうさん宝蔵ほうぞう大黒天だいこくてん讃仰会さんごうかい』が目指すもの

 今日の社会は科学技術の驚異的な発達により、物質的には非常な繁栄を見せていますが、精神の面では必ずしも豊かであるとはいえません。 政治・経済や国際交流、自然環境等の問題を考えましても、モノにだけ依存した文明の将来は必ずしも明るいものではありません。 人々が豊かな心を養い、各自のもつ能力を生かして世の中のために貢献してこそ、個人の幸福も、社会の平安も願われるのです。 このような大乗的な精神(人々の幸せを願う心)に基づいて、孝道山にお祀りする宝蔵大黒天のご加護のもと、各自が心の「福」を具えると共に、この「福」を世の一人でも多くの人々に及ぼそうという趣旨のもとに、 『孝道山宝蔵大黒天讃仰会』の発足を見るに至りました。
『孝道山 宝蔵大黒天讃仰会』趣意書より

入会案内

◎孝道山宝蔵大黒天讃仰会事務局
 住所 横浜市神奈川区鳥越38 孝道山本仏殿内
 電話 045-432-1201

◎入会手続き
 入会申込書に必要事項を記入、事務局にご提出ください。
 入会費は無料です。

◎会員種別と会費
 法人会員(事業主)一口当たり月額三千円
 個人会員     一口当たり月額千円

◎会員には孝道山が発行する季刊誌「まいとりー」を送付しております。

行事・活動

「浴餅供法要」
 宝蔵大黒天の福徳を広く一般にお分かちするため、年に三回(2/末日~3/1、6/30~7/1、11月第一日曜日とその前日)『大黒天浴餅供養』の法要を大黒堂で厳修いたします。 初日は十四時から、二日目は朝八時と十時から法要が行われます。 会員の皆様も大黒堂前にて『大衆浴餅供』により大黒天の供養を行うことができます。
「例会」
 会員相互の親睦も含めて年三回(3、7、11月)の例会を開催しております。 開催日は浴餅供法要の日程にあわせており、浴餅供二日目十時会式の『日中座』への参列より始まります。その後、大黒膳による昼食会、講演が行われ、ご希望によりお茶席の出席もできます。 なお、会員の方は例会に無料で出席することができます。
「社会貢献」
 社会浄化・福祉事業への協力も行っております。東日本大震災発生の際には多くのNPO・NGOが活躍しておりましたが、讃仰会からも複数の団体に寄付を行い支援しました。
「大黒堂の維持」
 比叡山から不思議な仏縁により、孝道山においでになった宝蔵大黒天は、平成二年に落慶した『大黒堂』にお祀りされています。 以来多くの人々が大黒堂を訪れておりますが、長年にわたり大黒堂を維持することも讃仰会活動のひとつとなっております。